本文へスキップ

研修会会則THE REGULATIONS

有馬ロイヤルゴルフクラブ研修会 会則

1.名称と目的
本会は有馬ロイヤルゴルフクラブ研修会と称し会の発展と会員相互の親睦を図り、常にエチケットマナーの向上並びに技術の向上を図り、当クラブ会員の範を示し指導的役割を果たすよう研鑚することを目的とする。
2.会員の資格と入会
本会は有馬ロイヤルゴルフクラブ会員の有志で構成する。
(1) 研修会会員は、ゴルフ規則およびクラブ規定を遵守し、礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練された立ちふるまいに努められること。
(2) 会員は、研修会の出席の有無にかかわらず年会費を納入するものとする。
(3) 新規入会を希望する者は、研修会員1名の推薦と会長の承認を得て入会届を提出する。
(4) 退会もしくは休会する場合は、会長あてに退会・休会届を提出する。
なお、原則、休会期間は2年を上限として、越えた場合は退会の意思と見なす。
(5) 休会中の年会費は免除される。ただし、復会する場合は、事前に会長の承認を得て、年会費を納入後に研修会への参加を認めるものとする。
(6) 研修会に年4回以上参加ができなかった場合、次年度は本人に確認の上で休会扱いとする。
(7) 1年間無届で休会した場合は、退会の意思と見なす。
(8) 退会後に再入会を希望する者は、幹事会で審議の上、再入会の可否を決定する。
再入会者は新規の入会員として、研修会員1名の推薦と会長の承認を得て入会届を提出する。
3.運 営
本会は会員の自主運営を基本とし、次の委員を設け幹事会を構成する。なお、会の運営を円滑にするためクラブに協力を要請し、クラブ内に事務局を設置する。
(1) 会員数は70名を上限として、会員の中から会長1名、副会長2名を幹事会で選出し、任期終了前の総会において出席会員の過半数をもって決定する。
なお、その任期は2年とし、再任は妨げないものとする。
(2) 会計および会計監査を含む幹事については、会長と副会長が選出し、会長がこれを委任する
(3) 会長は本会を代表し、且つ本会を統率する
(4) 本会の総会は年1回とし、会長は必要に応じ臨時総会を召集することができる。
(5) 会長経験者は、退任後も顧問として幹事会に出席することができる。
*会長、副会長、幹事、会計、会計監査、顧問は別紙に記載
4.会 費
(1) 本会の年会費(年度:1月〜12月)15,000円は一括納入とする。
ただし、7月〜12月の新規入会員については、半額の7,500円を納入する。会費は本会運営上の一般経費等に充当する。なお、年度内に途中休会・退会しても返金しないものとする。
(2) 年会費を3月末までに納入しない会員は、休会とする。
5.研修会(競技・会議)
(1) 本会は原則として、年12回の競技会を行い、年間予定については年度初めに発表する。
(2) 研修会への出席を希望する会員は、研修会独自のSNSで出席の意思を返信すること。
(3) 当日の受付終了はスタート時間の原則40分前とする。なお、当日病気や止む負えない理由で出席できない場合は、必ずクラブもしくは当番幹事まで連絡するものとする。
(4) 天候、その他の事由で研修競技が続行不可能と判断された場合は、会長および幹事会の決定により適宜処理する。但し、本競技がクラブ競技と同日に行われた場合にのみ、競技委員会の決定に従うものとする。
(5) 研修会の当番幹事は、当日の出席者の組合せを確定し第1組スタートの30分前までにマスター室に提出する。当日の会議の進行および競技成績上位者の表彰を行う。
また、研修会(競技・会議)の出席者確認と罰金の徴収を行い、罰金はクラブ事務局に預ける。
(6) 参加費2,000円は、研修会参加者がその都度納入する。参加費は会食費等に充当する。
(7) 研修会競技成績の1位〜5位およびベストグロス者は表彰するものとする。なお、ネットタイスコアーの場合は、ベターグロス者を上位とし、さらに同グロスの場合は年齢上位とする。
(8) 罰金としてコース(ロイヤル/ノーブル)を問わず、研修会員個々の競技成績ネットスコア80ストローク以上、または、当日の1位のネットスコアから10ストローク以上から1,000円を徴収する。罰金は研修会費用や研修会会員の親睦費用のために使用する。
(9) 競技成績を既定のポイントに換算して年度で集計し、上位ポイント獲得者は表彰するものとする。なお、会議開催月に競技のみ出席して会議を欠席した場合は、当該月のポイントを付与しないものとする。また、欠席者のポイントの繰り上げは行わない。
年間獲得ポイントが同ポイントの場合は年齢上位とする。
*順位別獲得ポイントは、別紙に記載。
(10) 研修会(競技・会議)への出席を1点として年度で集計し、合計24点獲得者を皆勤賞、合計22〜23点獲得者を精勤賞として表彰するものとする。
なお、研修会旅行と同月は競技会もしくは研修会旅行のいずれかの参加でポイントとする。
6.年 度
本会の会計年度は毎年1月〜12月までとし、総会において会計報告をするものとする。
7.その他
(1) 本会にクラブよりインタークラブ選手権選考依頼があった場合、その人格、品位、実績を重んじ、インタークラブ推薦選考会の結果をもとに会長がこれをクラブに推薦しクラブならびに理事会に一任するものとする。
(2) 会員本人および1親等内の家族が訃報の場合は、弔電と供花をお供えするものとする。
また、会員本人の慶事や病気等の際は別途協議し幹事会で決定するものとする。
なお、費用については会費からの負担とする。
8.会則変更
本会則の変更は、年度の途中であっても月例競技会後の会議出席会員の過半数をもって決定することができる。
9.附則
この会則は、2021年2月14日の研修会出席者の過半数の賛成で承認された。
2021年2月14日改定

研修会競技要綱

【競技規則】
1、 研修会競技においては、2020年度JGAゴルフ規則および夏季特別規則を適応する。
2、 競技者の使用球は、最新の公認球リスト(JGAホームページ参照:www.Jga.or.jp)に記載されているものでなければならない。この条件の違反の罰は、競技失格とする。
3、 競技者はラウンド中、プレーを終えたばかりのホールのグリーン上やその近くで練習ストロークをしてはならない。これに違反して練習ストロークをした場合、競技者は次のホールで2罰打付加とする。但し、その競技の最終ホールのときは、競技者はそのホールで罰を受ける。
【特別規則-1】
1、 アウト・オブ・バウンズの境界は白杭および白線をもって表示する。
2、 修理地は青杭または白線にて標示する。
3、 人工の表面を持つ道路および通路、排水溝は動かせない障害物とする。また、その道路・通路に接した排水溝はその道路・通路の一部とみなす。
4、 ジェネラルエリアに球がくい込んでいる時は、規則16.3bに基づいて救済が認められる。球がジェネラルエリア以外の場所にくい込んでいる場合、この規則に基づく救済はない。しかし、球がパッティンググリーンにくい込んだ場合、プレーヤーはその球の箇所をマークして拾い上げ、拭くことができ、その球の衝撃による損傷を修理してその球を元の箇所にリプレースすることができる。(規則13.1c(2)参照)
*規則16.3b:ジェネラルエリアで自分の球のピッチマークの中にボールがあることが確認できれば規則16.3の規定に従い、そのピッチマークの大きさに拘らずボールを綺麗にしてから、その直後の箇所を基点にして1クラブレングス内の救済エリア内にドロップすることができる。
*規則13.1c(2)プレーヤーはパッティンググリーン上のほとんどの損傷(スパイクマークや動物による損傷を含むが、自然な欠陥は除く)を修理することができる。
5、 フェアウエイ上にある距離表示のためのカラーペイント(赤丸)は動かせない障害物とする。
6、 第1打がOBの場合の特設ティはすべて廃止する。
7、 ペナルティエリアは黄杭または黄線、赤杭または赤線をもってその限界を表示する。また、その岸を構成する石垣は、コースと不可分の部分とする。ペナルティエリアでの特設箇所はすべて廃止する。なお、球がペナルティエリアに入ったか否か分からない場合は紛失球として規則18を適応する。*規則18:インプレーの球がOBもしくは紛失したかもしれない場合は、暫定球をプレーすることができる。
8、 球がグリーンを外れているがハザード内でない所にある場合で、固定スプリンクラーヘッドがグリーン上にあるとき、またはグリーンから2クラブレングス、球からも2クラブレングスの範囲内にあり、しかも球とホールの間のプレー線上に介在しているときは、動かせない障害物としての救済を受けることができる。
【特別規則-2 ロイヤルコース】
9、 ロイヤルコースNo.16の石垣は、コースの不可分の部分とする。
10、 球がロイヤルコースNo.12のペナルティエリア内およびNo.14、No.17のペナルティエリア内にあるか、見つからない球がペナルティエリア内にあることが分かっているか、ほぼ確実な場合、1打罰のもとに球を指定ドロップ区域(区域は黄線で表示)にドロップすることができる。
【特別規則-3 ノーブルコース】
11、 ノーブルコースの電磁誘導線上(ツーレーン)に球が止まった場合、救済を受けなければならない。2本線レールはその全幅をもって1つのカート道路とみなす。このカート道路上に球があるもしくはスタンスや意図するスイングの区域の妨げになる場合、プレーヤーは規則24-2bの基づく救済を受けなければならない。この場合、球のライだけでなく、スタンスや意図するスイング区域も含めて救済を受けなければならない。この特別規則の違反の罰は2打とする。
12、 ノーブルコースNo.18番ホール残り85ヤード地点谷手前の石はコ−ス不可分の部分とする。
13、 ノーブルコース7番ホールのバンカーを横断する枕木の通路は、ジェネラルエリアの障害物とする。(その上に球が止まっている場合、罰なしに拾いあげて拭き、ホールに近づかないジェネラルエリア上にドロップすることができる)
【注意事項】
1、 競技の条件や特別規則に追加・変更のあるときは、別に掲示して告示する。
2、 スタート5分前には、必ずティイングエリア周辺に待機すること。
3、 プレーは常に迅速に行わなければならない。特に、先行組との間隔を不当に開けないよう注意のこと。プレーの不当な(怠慢による)遅延については、研修会ではLPGAスロープレー対策と同様に各ストロークに許容される時間を40秒以内とし、最初にストロークする競技者のみ50秒以内とする。この時間を超えたときにバットタイムになる。初回の違反は警告、2回目は1打罰、3回目は2打罰、4回目で失格とする。
4、 ショートホールにおいて後続組を打たせる(コールオン方式)場合は、必ず本人が球の位置にマークすること。
5、 プレーの一時中止および再開の連絡は、乗用カート無線による。
6、 ラウンドのスタート前およびハーフターンは、ロイヤルコース練習グリーンでのパッティングおよびノーブルコース練習グリーンでのパッティングやチッピング練習を許可する。
7、 天候その他特別の事由により競技を中止もしくは延期する場合は事前にSNSおよび電話で連絡する。
8、 競技者は、プレー中乗用カートに乗車可とし必要に応じて運転を認めるものとするが、危険防止のためできる限りキャディに運転を任せるものとする。セルフプレーの場合は危険防止に努めること。
9、 病気や事故などで参加を取りやめる場合は、必ず事前にクラブ事務局または当番幹事に連絡を入れること。 

役員

2021年度研修会幹事

会 長 岡 秀男
副会長 早田 直樹
副会長 西村 大悟
幹 事 小原 寛治
岸本 良介
寺井 一浩
寺尾 秀治
中島  賢
西森 浩一
畑  茂貴
藤井  稔
(五十音順)
会計幹事 破戸  章
会計監査 西森 浩一
西村 大悟
顧 問 藤本 勝朗