本文へスキップ

研修会会則THE REGULATIONS

有馬ロイヤルゴルフクラブ研修会 会則

1.名称と目的
本会は有馬ロイヤルゴルフクラブ研修会と称し会の発展と会員相互の親睦を図り、常にエチケットマナーの向上並びに技術の練磨を図り、当クラブ会員の範を示し指導的役割を果たすよう研鑚することを目的とする。
2.会員の資格
本会は有馬ロイヤルゴルフクラブ会員の中より有志相集いて構成する。
入会を希望する者は、研修会員1名の推薦があり、会長の承認を得たものとする。
会員は1ヵ年にわたり年会費を未納した場合、会員の資格を喪失することがある。
3.運 営
本会は会員の自主運営とするも、会の運営を円滑にするため、クラブに協力を要請し次の委員を設け幹事会を構成する。
(1) 会長1名、副会長2名、幹事若干名(会計、会計監査を含む)は会長と副会長が協議の上、選出する。その任期は2年とし、再任は妨げないものとする。
(2) 本会の総会は年1回とし、会長は必要に応じ臨時総会を召集することができる。
(3) 会長は本会を代表し、且つ本会を統括する。会長の選任は会員の中より互選する。但し、任期終了前の総会において出席会員の過半数をもって選出するものとする。
(4) 副会長2名、幹事並びに事務局代表は会長がこれを委任するものとする。
(5) 会長経験者は、退任後も幹事会に出席することができる。
4.会 費
(1) 本会の年会費15,000円は、一括に納入とする。
年会費は本会運営上の一般経費等に充当する。ただし、途中入会者は、月割にて年会費を納入する。なお、年度内に途中退会しても返金しないものとする。
(2) 会員からの申し出により休会を認める。ただし、 年度内に途中休会しても年会費の返金はしないものとする。
5.競技会
(1) 本会は原則として、年12回の競技会を行い、年間予定については年度初めに発表する。
(2) 競技会への出席を希望する会員は、原則7日前までに倶楽部に設置されている出席希望表に記名するか、もしくは倶楽部から発信された案内メールに出席の意思を返信すること。
また、研修会独自のSNSによる出席希望も可とする。
(3)当日の受付終了はスタート時間の原則40分前とする。なお、当日病気ややむ負えない理由で出席できない場合は、必ず倶楽部もしくは幹事まで連絡するものとする。
(4) 天候、その他の事由等により競技続行不可能と判断された場合は、会員及び幹事会の決定により適宜処理する。
但し、本競技がクラブ競技と期を同じくして行われる場合にのみ、競技委員会の決定に従うものとする。
(5) 競技会に関し、本会の幹事は月次当番制とし、組合せ、プレーの進行、成績の発表等その責を負うものとする。
(6) 参加費2,000円は競技参加者がその都度納入する。参加費は会食費等に充当する。
(7) 競技成績1位〜5位およびベストグロス者は表彰するものとする(タイスコアーの場合はクラブ競技規則に準ずる)
(8) 罰金としてコースを問わず、研修会員個々の競技成績ネットスコア80ストローク以上の場合、もしくは、当日の1位優勝者のネットスコアから10打以上の場合は1,000円を徴収する。
原則として、罰金は研修会費用や研修会会員の親睦費用のために使用する。
6.年 度
本会の会計年度は毎年1月〜12月までとし、総会において会計報告をするものとする。
7.その他
(1) 本会にクラブよりインタークラブ選手権選考依頼があった場合、その人格、品位、実績を重んじ、会長がこれをクラブ事務局に推薦しクラブ、並びに理事会に一任するものとする。
(2) 本会員及びその家族(但し、一親等以内)のご不幸の場合は弔電と供花をお供えするものとし、慶事・会員が病気等の際は別途協議の上検討するものとする。費用については、会費より負担とする。
8.会則変更
本会則の変更は例会席上会員より動議し、総会出席会員の過半数をもって決定する。
2018年1月21日改定

役員

平成29年度研修会幹事

会 長 藤本 勝朗
副会長 岡  秀男
副会長 早田 直樹
幹 事 小原 寛治
谷山  篤
中島  賢
西村 大悟
西森 浩一
森  幸裕
藤井  稔
岸本 良介
寺尾 秀治
会計幹事 破戸  章
会計監査 西森 浩一
西村 大悟
顧 問 森  裕司